さつまりこ交信記録

satumariko.exblog.jp
ブログトップ

南東北レポ3@平平

本日は車乗りのKさんが近郊のモールに連れて行ってくれました。
自然食バイキングの店に初めて入ったのですが、おいしいし種類は多いし
大満足!仕事用のカバンをゲトして帰ってきました。
Kさんまた行きましょうね~!!

アニメの西洋骨董菓子店を観ました。絵は動いてないなあと思いますが、
声が美味しすぎるので全く気にしません。どうせ殆ど画面見ないしね!
藤原さんは勿論ですが、中原さん……!!!あ~でももう出て来ないよなあ(爆)

以下南東北レポ最終回です。…ってもう10日も過ぎたんですが…;;
お暇な方はドウゾ(ˊ_ゝˋ)


拍手返信
宮様:祈祷初めてだったので、作法が判らずにおかしな動きを
したりました…でも興味深い体験でしたよ!口実と時間があるなら、
ご近所でも行かれると良いかもですね。
色んなものをむっちゃガン見してきました(笑)物見遊山違うよ!職業病だよ!




23日はバスのオプショナルツアーで、最上川下りと羽黒山参拝です。
解説付きだし、移動は楽だし、電車旅行では観られない場所も見られるし、
思ってたより良いですねバスツアーも。
義経が平泉に逃げる際に、旅程の無事を祈ったという「矢向神社」の前や、一行が
乗り降りした河原の前も通りましたよ!
…一瞬だったので写真はかないませんでしたが_|¯|○;
ただやはり、目的地での行動時間が短いのが難点です…どこもかしこも
全くゆっくり観られなかったよ…(ˊωˋ;)

最上川下りは、船頭さんの陽気な解説と舟歌がウリですが、操舵技術も
大事だね!空梅雨で水かさが恐ろしく減っていまして、川底をこすりながらの
道行でした。「船底は2重ですからね~上までは水は来ないんで大丈夫」って
いや大丈夫じゃないだろう!!その隣に用意した救命具は何だ!(笑)

新緑も終わって緑一色の風景ですが、今では珍しい天然ヒノキの山肌は
美しかったです。でもやっぱり一番の観時は紅葉なんですって!
ヒノキの緑と紅葉樹のコントラスト、素敵でしょうね~(ˊ∀ˋ)

ツアーだったので、お弁当が付いてきました。どうせ幕の内なんでしょ!と
思っていたら、山形の幸を盛り込んだ激うま弁当でした!
b0103636_052186.jpg

竹の皮を編んだ箱に入っているんですよ~(ˊ∀ˋ)
こんにゃくや山菜も美味しかったのですが、やはりおにぎりが…(ˊ∀ˋ)
程よく水分のとんだお米の、口の中での崩れ具合と硬さ加減が絶妙!
ずーっと米にヤラレっぱなしでした。米さいこう。

羽黒山は、羽黒三山の中で最も低く、雪深い冬でも参拝可能な唯一のお社があるため、
ここだけで三社を回った事になる三神合祭殿があります。
2446段の石段を登るのが正解ですが、なんとバスで頂上まで登頂(爆笑)
山伏の修行場だったため、現役の施設がそこかしこに。
2446段は覚悟のいる距離ですが、その気鬱を軽くする、微笑ましい工夫が
ここの参道にはあります。
b0103636_0162534.jpg

判りづらいですが、石畳にとっくりが掘ってあります。他にもおちょことか、
ちょっとした落書き彫りが33か所。全部見つけられれば良い事が有るとかで、
探して登っているうちに到着するという案倍。エスプリが効いてるよねえ!

その後バスで下り、参道入り口に近い国宝・五重塔を観覧して終了。
門前町はかつての山伏の宿坊街で、山伏が廃止されて宿坊を閉じたお宅でも、
宿坊を示す門としめ縄を掲げています。歴史を感じますね!

実を言うと今回の旅は、「ああ松島や松島や」「岩にしみいる蝉の声」に最上川下りと
松尾芭蕉「奥の細道」ツアーでもあったわけですが、
芭蕉さんに明るくない私は、完全に勉強不足なのでした…。
義経平泉道中のことしか頭になくてスミマセン(ˊωˋ;)
南東北素敵でした!秋か冬にリベンジしたいところですが、
平泉も行きたいし会津もなあ~!熊野も(以下略)

ここまで読んでくれた人いるんだろうか;;
長々お付き合い有難うございました!
[PR]
by satsumariko | 2008-07-05 22:42 | 日々の瑣末事